美容サプリ

MENU

美肌・ダイエットに効果的な美容成分

美肌の成分

ビタミンC誘導体

ビタミンCが美肌に効果的というのは一般的ですが、ここ数年特に注目されているのが新型ビタミンC誘導体APPSです。これまでよく知られていたリン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加えたことで親油性を獲得した新しい水溶性ビタミンCがAPPSです。
表皮のバリア機能によって浸透しにくかったこれまでのビタミンCですが、APPSは親油性を獲得しているため油溶性の性質も持ち、従来のものよりも10倍から100倍以上も皮膚に浸透し、イオン導入しないと届かないといわれていた真皮にまで到達するといわれています。
また従来のビタミンCでは刺激や突っ張り感、強いべたつきなどが使用感の欠点として指摘されていましたが、APPSは肌への刺激を気にすることなく使うことができるようになりました。美容皮膚科や医療機関でも注目されている高い効果と低刺激を両立させたAPPSは色素沈着、しわ、ニキビを改善し、ハリやツヤのある素肌へ導きます。

ヒアルロン酸

スキンケアで一番重要なことは保湿ですが、保湿のための美肌成分としては肌に水分を留めておく成分を補うことが有効です。特にヒアルロン酸は体内にもともとある成分で、その高い保湿力から化粧水をはじめさまざまな化粧品に利用されています。
角質層の水分量を高めながら高保水効果でキメをふっくらとさせる効果があるヒアルロン酸は年齢とともに不足傾向にあるので、化粧水や美容液で補給してあげると良いでしょう。

EGF

EGFは皮膚再生因子ともよばれるタンパク質の一種で、人間が本来持っている細胞を再生させる成長因子の一つです。しかしこのEGFの分泌量が年齢とともに減少してしまうことが、肌老化に深く関係していることが解明されています。EGFの含まれた化粧品が実際にどこまで経皮吸収されるのか、はっきりしたことは言えませんが、ピーリングなどの施術後に使用すれば、成分がより浸透され肌の老化現象に効果を発揮することが期待できます。
いずれにせよ、角質や汚れをしっかりケアした状態で美肌成分の含まれた化粧品を使えば、有効性分はより浸透しやすく、適度な保湿も維持され、それなりの役割をより効果的に発揮すると考えられます。
(スキンケア大学より)

AHA

第1に乾燥肌を改善するスキンケア成分として紹介するのは、「アルファ-ヒドロキシ酸(AHA)」です。AHAはフルーツ酸とも呼ばれ、リンゴや柑橘系の果物に含まれるリンゴ酸、クエン酸もその仲間なのでフルーツ酸と呼ばれるようになりました。
AHAは、肌の乾燥によって乱れてしまった肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を改善して、肌の表面にある古い角質や皮脂を取り除き、肌のカサつき、ごわつき、くすみなどを改善します。古い角質の間にたまった皮脂汚れも取れるので、小ジワや毛穴も目立たなくなります。AHAは果物や野菜などの植物由来の酸なので、肌にやさしく働きかけてくれます。

乳酸菌由来成分

乾燥肌向けのスキンケア成分は、「乳酸菌由来成分」です。乳酸菌は、もちろんヨーグルトなどに含まれる成分で、食べても肌の保湿力が改善することが明らかになっています。
実は、乳酸菌由来の美容成分にも、保湿成分や肌の弾力を改善する力があり、化粧水や美容液に広く利用されています。たとえば優れた保水力を持つヒアルロン酸は、乳酸菌発酵の働きで作ることができ、動物由来のヒアルロン酸よりも、はるかに保水力が優れていることがわかっています。
乾燥肌の人はぜひ、乳酸菌由来のヒアルロン酸入りスキンケアを選んでみてください。
(AllAboutより)

 

ダイエットの成分

L-カルニチン

L-カルニチンが豊富な食材として羊肉(ラム、マトン)が有名になりましたが、サプリメントとしてもたくさんの製品が販売されています。
日本人の1日あたりの必要量は200 mgと考えられていて、厚生労働省は1日あたりの摂取目安量を約1000mgと設定しています。サプリメントとして利用する場合、重い副作用はこれまで報告されていません。この理由は、アミノ酸の1種なので、余った分は排泄されると考えられているからです。ただ、余った分は無駄になるだけなので、サプリメントを利用する時は、目安量を極端に超えないようにしておきましょう。
ごくまれに、製品の質が悪くD-カルニチンが混ざっていたりすると、トラブルの原因になることもあるので、きちんとしたメーカー・製品を選ぶようにしましょう。

 

茶カテキン

カテキンは植物が自分の身を守るために作ったポリフェノールの一種です。苦み・渋みのもととなっている成分で、お茶の中には4種類のカテキンが含まれています。昔から知られているお茶の抗菌作用も、このカテキンの働きです。
そして、最近特に注目されているのが、体の脂肪を燃焼しやすくしてくれる効果。茶カテキンの含まれた、「体脂肪が気になる方」向けのトクホも人気を集めていますね。
茶カテキンの効果は、カテキンが体内の酵素を活性化して脂肪を燃焼しやすくすることや、食事と一緒に摂ることで脂肪の吸収を穏やかにすることなど、いくつかが同時に働いていると考えられています。
お茶の健康効果については、色々な研究がおこなわれているところなので、今後も新たな効果が発見されるかもしれません。
(AllAboutより)